course-logp-himawari.png

ひまわりクラブでは、物事や現象を不思議に思う心を育てます。小学生になり、そして中学生になり勉強することを避けては通れなくなったときに、新しい物事を知ることを楽しいと思うか、苦痛と思うかは、幼児期の体験に大きく左右されます。

もちろん、不思議に思うだけではなく、いろんなことに挑戦して、挑戦したことを褒めてもらえる環境に身を置くことで、何にでもチャレンジをしようという気持ちも育てます。

​岩国校のひまわりクラブは、実践メインで授業を進めますので、飽きずに学び続けることができます。昨今叫ばれている理科嫌いや理科が苦手という生徒さんではなく理科に秀でたリケジョや理系を得意とする人になれるような大人でも楽しくなるようなプログラムが満載です。

ツアー化石採集.jpg

ひまわりクラブは年中さんと年長さんに分けて授業を行います。それぞれの年齢にあった内容で、様々な体験をします。夏には、サイエンスクッキングという料理教室があったりサイエンスマジックという不思議な現象を体験したりする機会も設けます。

体験したことは、きちんとレポートにまとめて、プレゼンテーションにして発表をする場も設けます。

1月には、年に1度の大きな発表会が広島で行われますが、もちろん参加可能です。

どろんこツアーやキッズ化学号Jr.という幼児だけが参加するツアーもあります。そのツアーでは、魚のつかみ取りやアイスクリーム作りなどを体験できます。

プログラミングへ

理科実験へ